ほうれい線のマッサージ方法って?

ほうれい線のマッサージ方法って?

ほうれい線は顔を実年齢より老けさせてしまうので、女性にとっては手ごわい敵といえます。

ほうれい線を予防、解消させるためのマッサージ

ma

普通の表情をしていても目だってきてしまうほうれい線は、笑顔などで口角が上がるとますます目だってしまいます。一度深く刻み込まれてしまうと、なかなか自分だけの対策法ではほうれい線を目立たなくすることは難しくなります。

ほうれい線ができる原因としては、加齢や顔の筋肉の衰えやたるみ、コラーゲンやエラスチンなどといった肌の弾力成分の低下、猫背などが上げられます。そのため一番手っ取り早くほうれい線を予防、軽減する対策としては、姿勢を正すことが大切です。

姿勢を正すことで、姿勢が悪いことが原因で起きていた様々な症状を軽減させるとともに、その上で表情筋の筋トレや、表情筋がたるまないようなマッサージを行なうことで、ほうれい線を目だたなくし、若々しいはりのある肌を取り戻しましょう。

ほうれい線対策にはリンパマッサージが効果的!!

ほうれい線の原因の一つともいわれる、頬のたるみは、加齢による顔面の筋力低下などから現れることが多いですが、この頬のたるみを解消させるためには、顔面のリフトアップマッサージが有効です。

まずは、リンパの流れや血行を良くするため、肩や首を動かして準備します。耳の後ろにあるくぼみを親指で軽く押しながら、顔を上に引き上げるようにゆっくり2、3回マッサージしていきます。

次にほうれい線に中指と薬指をおき、米神に向かって指を斜め上へと滑らせ多後、こめかみから顎へ向けて指を舌へ滑らせます。これを4、5回繰り返します。このマッサージを1日2セット行います。

また、加齢や表情が乏しくなった事が原因で、表情筋が衰えてしまい筋肉が凝り固まることによってほうれい線ができてしまう事もあります。そんな特には表情筋を鍛えて、血流などを良くし、ハリやつやのある肌へする事が大切です。

耳の中心部より上からこめかみに向かって伸びる筋肉を側頭筋といいますが、ここを鍛えるためには、掌を側頭部分に押し付け、円を得g炊くように揉み解していきます。1箇所だけでなく少しずつ場所をずらしてまんべんなく行うのがポイントです。

頬や口の周りをささえ、物をかむのに必要な筋肉である咬筋は、人差し指、中指、薬指の3本の指を、ニッと笑ったときに盛り上がる頬の部分に軽く置いて、円を描くように揉み解していきます。

ただ顔面をマッサージするだけなので何時でもどこでも行えるのが魅力です。よりマッサージの効果を上げたい場合には、入浴中や後の身体が温まったときに行うと良いでしょう。

アメリカ式!理論にもとづいたマッサージ法とは

ほうれい線ができると、特に女性は見た目が実年齢より老けて見えてしまうため、外出がいやになってしまったり、人に会うのが億劫になってしまったりで、精神的にも影響を及ぼしてしまいがちです。

ほうれい線を消すための化粧品や顔面のエクササイズ、マッサージ方法など色々な方法がありますが、色々ありすぎてどれをやったらいいのかなかなか分かりにくいものです。そこで、ほうれい線ができてしまう理論に基づいた方法で、しかも簡単にできるマッサージ方法を紹介します。

このアメリカ式のマッサージをマスターすることによって、今までどういった方法でほうれい線を消せばいいのか分からなかった人にも非常に効果が見られ、また、ほうれい線が消えるだけでなく顔全体が若々しくなるのでお奨めです。

ho

アメリカ式マッサージの方法とポイント

ほうれい線を消すことを考える上で重要になってくるのは、頬の上側の筋肉を意識することです。頬の上側の筋肉は顔を若々しく見せるために重要な筋に奥であり、この筋肉が衰える事によって顔全体が衰えたように見えてしまうといわれています。

もう一つは目の下です。目の下からほうれい線に向かっていくつもの太い筋肉が伸びています。この筋肉を意識的にマッサージする事でほうれい線を目だたなくし、顔全体を若々しくさせる事ができると考えられています。

まずは鏡に向かってほうれい線をアイブローなど消せるものでなぞります。なぞったら、ほうれい線の始まりの鼻に近い部分から、内側の目頭に向けて、ほうれい線の終点の口元に近い部分からこめかみに向かって、ほうれい線の終点の少し上の部分から外側の目じりに向け、更に、3本目より更に少し上に上がった部分から、目頭と目じりの中間くらいのところへ向かって4本線を引きます。

左右両方行います。線を描いたらほうれい線から上ヘ向かって指で筋肉を押し上げていきますが、この時のポイントが最初に引いた線になります。

線の向きに沿うようにして筋肉を押し上げていきます。4本の線全て、線の下側から上に向かって押し上げます。線を描いて押すのに慣れてきたら、線を描かずにマッサージを行います。

線があることを意識して、1本の線に対して10回押し上げ、5回押し下げます。これを4本の線があることを意識して、全てのラインを同じ様に行います。

慣れるまで時間がかかりますが、毎日地道に続けていくことで必ず効果は現れます。若返った自分を想像しながら地道に行いましょう。

 

ほうれい線のマッサージ方法
カテゴリ
最新の投稿